石垣島直撃が濃厚な台風16号(MALAKAS)


今週半ばから週末の連休にかけ台風の影響を強く受ける石垣島。

3本発生した台風の内、14号(MERANTI)は台湾の南に抜けた7月の1号と似た進路を辿り、15号もはるか南西を進み既に低気圧となり安心していましたが、16号(MALAKAS)は週末に直撃する予想となっており、昨年8月の悪夢が蘇ってきます。

14日16時30分現在のスピードは西北西へ毎時20km。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/s。16日15時には石垣島の南約250kmに、17日15時には東シナ海に達する見込み。(Yahoo天気・災害より)

台風16号(MALAKAS)の進路予想
台風16号(MALAKAS)の進路予想 / Yahoo天気・災害より引用
台風14号(MERANTI)の進路予想
台風14号(MERANTI)の進路予想 / Yahoo天気・災害より引用

台風は、特に東側で暴風雨をもたらすので居住地より西側を進むコースの場合は要注意ですが、
石垣島米原海岸のように北部に面し、北にのびる半島と川平半島に挟まれた地形のところはインリーフなど例外のケースもあります。

今日は、猛烈な台風14号が台湾方面へ南西を通過していき、石垣島南の宮良海岸などは強烈な時化になっていましたが、米原ビーチでは下の画像のようにアウトリーフには数隻のダイビングボートや数人のスキンダイバーが見られ、穏やかなコンディションでした。

ただ、週末直撃する16号(MALAKAS)の場合は、全島大荒れになるので海遊びは厳禁です。
というよりも、陸上でも我が「生命」を守るだけで精一杯になります。
ひたすら、台風が「サンゴの白化」を止めるべく海水温を下げてくれることを祈りながら「クワバラ、クワバラ」と念じるのみなり...。

こんな記事も読まれています