インリーフの赤ちゃんクマノミ -20180620


13:00 曇り時々晴れ、気温30℃、南南西の風10m、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ28〜29℃。

今日から小潮。
ビーチエントリーには楽なスキンダイビング&シュノーケリング日和になりそうでしたが、1昨日あたりから吹いている南風が強烈です。ビーチ上にいると舞い上がる砂が足にあたり痛いくらい。
この南の強風はひょっとして時期的には、沖縄の梅雨明け宣言を告げ、内地には梅雨をもたらす夏至南風(カーチパイ)かな?

シュノーケリングはというと、島の南側ビーチに比べ、北向きのビーチの米原はかなり穏やかですが、南西からの風浪が強いので川平側から入りキャンプ場側に流されていくドリフトがインリーフもアウトリーフも楽しいですよ。また、海水温が若干下がったのもサンゴには良かったかと。

石垣島米原ビーチのインリーフでは珍しい白線2本のクマノミ、しかもまだ赤ちゃんたちのポイント出現!

クマノミ(インリーフ)
赤ちゃんクマノミ(インリーフ)
クマノミは米原ではリーフエッジのドロップオフの数カ所でしか見られませんでしたが、最近、インリーフで豆粒のような赤ちゃんのクマノミたちがいるのを見つけ、今もまだ体長1.5cmくらいしかなく成長中です。
場所は、ビーチ際の極めて浅いところ。数あるニモ(カクレクマノミ)ポイントの中でビーチから最短距離のところよりも近いです。大切に見守りたいですね。

シュノーケリングビデオは、前半がリーフエッジのドロップオフ、後半がインリーフです。

川平側から入り、南西からくる風浪に乗ってキャンプ場側に流されていくドリフトでシュノーケリングしましたが、映像中盤のリーフエッジ前のサンゴ畑ではフィンキックをせずにこのスピードで進めました。

最後にインリーフの赤ちゃんクマノミが登場しますよ。

下のギャラリーは、今日のビデオにも出てくるインリーフのニモとドロップオフにいるハマクマノミです。

こんな記事も読まれています