大潮のド干潮時にアウトリーフ狙い -20180712


米原ビーチのニモ
米原ビーチのニモ

一昨日、石垣島をかすめながら最接近して北西に抜けていった巨大台風8号は、中国で熱低になりました。

13:00 曇り時々晴れ、気温30℃、南の風9m、海面水温インリーフ30〜31℃・アウトリーフ29℃。

米原ビーチも台風の激しさを物語るように草木がかなり荒らされています。
ただ、今回の台風は足が比較的早かったのと島の北東側のコースで進み直撃は免れたため、島内の気圧観測値は970hPaを下まわることも無く風速も最大で30m程度だったようです。
3年前に石垣島を直撃した巨大台風で、市街地以外のほとんどの集落で停電が数日間続き、車や家屋が多くの被害を受けたことを思えば、それを上回るという当初の最悪予想からかなり外れてくれたことは不幸中の幸いでした。

さて、台風一過の米原ビーチは穏やかなべた凪ですが、今日から昼過ぎの干潮が17cm、明日は10cm、明後日が8cmとビッグな大潮で、午後はご覧の通り干上がって岩礁だらけです。しかも干潮に向かう際の干満差は2m以上ありますので、うねりや風波が大きい時の満潮前後のシュノーケリングは離岸流に要注意です。
なお、ビーチ際浅いところにいるニモやクマノミたちは台風をしのげたようで元気でした。

今日のゲストは新メンバーになられた横浜からお越しのKさんご夫妻。

15:20 曇り時々晴れ、気温30℃、東南東の風6m、海面水温インリーフ31〜32℃・アウトリーフ29℃。

石垣島の他、海外の海にも遠征して海を楽しんでおられるそうで、米原ビーチは初めてとのこと。
13時近くにスーパーロータイド、いわゆるド干潮の大潮ですが、アウトリーフ狙いで川平側セーシェルゾーンからエントリーしました。ドロップオフや4種のクマノミハウス巡りなど、2時間以上休むことなくお楽しみいただきました。
ご主人のTG-5にはいい絵が収まっているでしょうか。
明日はキャンプ場側アウトリーフとクリスタルビーチにアタックですね。
さすがに上げ潮のピッチも急で、ビーチに上がる頃には、岩礁だらけだったインリーフも「海」に戻っていました。

米原クラブでは、ゲストのシュノーケリングビデオを撮影して無料で差し上げています。

こんな記事も読まれています