台風の影響も少なくアウトリーフにアタック -20180609


13:00 曇り時々晴れ、気温30℃、北の風5m、海面水温インリーフ30〜31℃・アウトリーフ30℃。

石垣島東方を北進する台風5号の影響で今日は諦めていた米原ビーチのシュノーケリング。

今日のゲスト、神奈川県湘南からお越しのクラブメンバーTさんご夫妻も同じ思いで落胆のご様子でしたが、意外と晴天で風波もそれほどでもなく、まずはインリーフをドリフトしながらシュノーケリング。

川平側リーフエッジのクラックまで行きましたがリーフブレイクがきつく、前回、悪天候で宿題になっていたアウトリーフを今回もいったんは諦め、キャンプ場側へ移動して、ふだんから比較的リーフブレイクの少ない中間のリーフエッジからアウトリーフにアタックしてドロップオフを回遊してきました。

サーフィンやスキューバダイビングもおやりになり、リーフブレイクの白波に慣れていらっしゃる方々なればこそのアクティビティができました。
リーフエッジでの高めの白波に巻かれずに安全に対応するには、ドルフィンスルーは必須です。

また、常に波高・風波とうねりの向きや離岸流の有無、さらに潮位・潮流、風向・風速を意識して安全に留意することが、大事です。

明日以降は台風は東に抜けるので海況は収まっていくとは思いますが、吹き返しの強風に気をつける必要があります。

米原クラブでは、ゲストのシュノーケリングビデオを撮影して無料で差し上げています。