ミジュンの大群とハナミノカサゴ -20180823


米原ビーチのハナミノカサゴ
米原ビーチのハナミノカサゴ

今日のゲストは神奈川からお越しでメンバー入りされたKさんご夫婦。

10:00 晴れ、気温30℃、南の風8m、海面水温インリーフ29〜30℃・アウトリーフ29℃。

台湾付近の熱帯低気圧の影響で風とうねりが強く、荒れるリーフブレイクの目立つ米原ビーチです。

さすがにアウトリーフ、ドロップオフは断念していただき、インリーフを西から東に流れる強めのカレント(並岸流)を利用してドリフトシュノーケリング。

川平側西端でエントリー後すぐに、ミジュン(小イワシ)の大群の洗礼を受け、ハナミノカサゴに遭遇した後、4種のクマノミや各種のスズメダイ、チョウチョウウオ、たまに大型のゴマモンガラ等々が走馬灯のごとく視界を流れていく様子をドリフトで存分にお楽しみいただきました。

米原クラブでは、ゲストのシュノーケリングビデオを撮影して無料で差し上げています。

こんな記事も読まれています