相次ぐ台風の合間に部活シュノーケリング -20190928-1013


米原ビーチ

2019.10.13

13:00 晴れ、気温29℃、北の風7m、大潮、海面水温インリーフ28.5℃・アウトリーフ27.5℃。

台風19号がやっと消滅

台風19号は東北沖に抜け消滅しましたが、今も列島に甚大な被害をもたらし続けています。

台風一過の天気図はまるで冬型の気圧配置のようになっており、大陸高気圧の影響で北風が強く吹き込む石垣島です。

今日の米原シュノーケリング、スキンダイビングはロサンゼルスからお越しのダイバーを迎え、メンバーを含む5人で催行しました。

今日の撮れたてビデオ

2019.10.07

13:00 晴れ、気温30℃、東の風3m、小潮、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ28℃。

珊瑚の白化が一段と進んでいます!

昨日よりは若干荒れ気味のリーフエッジを超えてのゲストシュノーケリングを敢行。

キャンプ場側ラグーンの珊瑚の白化が一段と進んでいるのが気になります。

温暖化に比較的強いはずの大型のハマサンゴでさえ真っ白になっており残念なゾーンになりそうです。

今日の撮れたてビデオ

2019.10.06

米原ビーチ

13:00 晴れ、気温30℃、東の風6m、小潮、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ28℃。

最近では最も穏やかな海況。

しかも小潮で午後の干満差はほとんど無くシュノーケリングライクな1日となった米原ビーチです。

石垣島に仕事移住された新メンバーのMさん達女性2名と今日が石垣滞在最終日を迎えたSさんの3名と共に、ラグーンとアウトリーフを存分にまわりました。

2019.10.05

10:00 晴れ、気温29℃、北東の風4m、小潮、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ28℃。

多良間島に遠征

今日のメンバーシュノーケリング&スキンダイビングは石垣島の北東に位置する多良間島に遠征しました。

多良間島はふだんは宮古島からの海路か空路を利用しないと行けないのですが、年に一度のヤギのイベント開催で、石垣島からも直行の船便(片道約100分)があり今回利用しました。

島での滞在時間は約5時間。

5箇所のビーチをハシゴしましたが、ラグーン内やリーフエッジドロップオフの珊瑚は一部のハマサンゴやシコロサンゴを除いて残念ながら消滅していました。

ただ、いわゆる多良間ブルーは素晴らしく透明度、白砂、グラデーションで魅せる海面の輝きは天下一品でした。

今日の撮れたてビデオ

2019.10.04

13:00 晴れ、気温30℃、北東の風4m、中潮、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ28℃。

石垣島吉原海岸AloAloビーチ

今日はクラブメンバーのSさんとYさんのリクエストで米原お隣のAloAloビーチで部活的スキンダイビング&シュノーケリング。

東側の山原海岸から入りラグーンで緩いカレントに乗って珊瑚畑をシュノーケリング散策、Vゾーンのエッジのドロップオフでスキンダイビング。

今日の撮れたてビデオ

2019.10.03

12:00 晴れ、気温30℃、北の風2m、中潮、海面水温インリーフ29℃・アウトリーフ27~28℃。

台風一過の昨日からすっかり穏やかな海に戻った米原ビーチ

リーフエッジはブレイク(砕波)もなくアウトリーフもベタ凪ぎ。

日中は潮も十分ありカレントもないのでストレスフリーなシュノーケリングとスキンダイビングが楽しめます。

今日の撮れたてビデオ

2019.09.29

13:00 晴れ時々スコール、気温31℃、東の風6m、大潮、海面水温インリーフ28~29℃・アウトリーフ27~28℃。

大型のナポレオンフィッシュ(分かり辛いですが映像の35”辺りから)や海ガメにも遭遇

今日も午後の干潮時間帯を狙って、レギュラーメンバーYさんと2時間ほど部活的スキンダイビング&シュノーケリング。

コースは青の洞窟リーフギャップからアウトリーフに出てドロップオフ沿いに米原ビーチキャンプ場前まで。透明度は20m超位かと感じるほど最高で、珊瑚畑を楽しみながら、途中大型のナポレオンフィッシュ(分かり辛いですが映像の35”辺りから)や海ガメにも遭遇できました。

さて、明日はいよいよ台風18号の通過です。

直撃は免れ、石垣島の西方を北上する見通しで、北西向きの米原ビーチはさほど(特にラグーン内)は荒れないとは思いますが、鬼のシュノーケリングクラブとしてもやはり様子見ですね。

今日の撮れたてビデオ

2019.09.28

13:00 雨のち晴れ、気温26℃、東の風6m、大潮、海面水温インリーフ27℃・アウトリーフ26℃。

台風来襲前のいつもの島天気

川平側とキャンプ場側中間のリーフエッジにある美しい珊瑚畑を、レギュラーメンバーYさんと回ってきました。

アウトリーフから見えるビーチが霞むほどの激しい降雨だったにもかかわらず、水温が下がったせいかドロップオフの透明度はいつにもまして良く素晴らしいブルーウォーターワールドが楽しめました。
夕方には晴れ渡り、台風来襲前のいつもの島天気です。

今日の撮れたてドロップオフ

今日の撮れたてセジロクマノミ

こんな記事も読まれています