人生初めてのシュノーケリング -20191127


イソギンチャクから顔を覗かせるセジロクマノミ
イソギンチャクから顔を覗かせるセジロクマノミ(米原ビーチ 2019/11/27)

13:00 曇り、気温25℃、北の風7m、大潮、海面水温インリーフ24.5℃・アウトリーフ—。

海面水温が25℃を下回りウェットスーツ着用が必須の米原ビーチ。
しかし、透明度はアップし楽しくシュノーケリングができます。
さて、今日の

ゲストは神奈川からお越しの熟年ご夫婦Aさん

仲良しご夫婦さんです。シュノーケリングはほぼ初めてとのことでしたが、簡単な講習のあと、ラグーンを存分に回っていただきました。
4種のクマノミやスズメダイやチョウチョウウオなど各種の熱帯魚をご覧いただいた後のラストは餌付けと勘違いして寄ってくるロクセンスズメダイの群れと戯れていらっしゃいました。

ご主人は初めてとは思えないほど達者なシュノーケリングで水中カメラ撮影も楽しまれ、奥様も最初はおっかなびっくりでしたが途中からは随分慣れたご様子でホッとしました。

Aさんの奥様奥様は昨年大病を患われたそうですが、術後1年が過ぎすっかりお元気になられたようです。

ただ、今も頻回に経過観察中だそうで、今回のご旅行や米原ビーチでのシュノーケリングがいっそうの体力と免疫力の増加につながり、いつまでもお健やかにお過ごしになられることを切に祈ってやみません。

また、石垣島でシュノーケリングをご一緒しましょうね!
お待ちしております!!

今日のゲストシュノーケリングビデオ

こんな記事も読まれています